融資書類の年収改ざん24件 アプラスは「関与なし」(産経新聞)

2020年4月10日

新生銀行系信販会社のアプラス(大阪)は、投資用不動産融資で、借り主の年収を高く改竄(かいざん)した事例が24件あったと公表した。聞き取り調査などを実施したが、アプラス社員の関与は「認められなかった」とした。しかし、実際に改竄を行った人物を特定していないなど、全容解明には程遠い内容となった。

続きはこちらのリンクからお読みいただけます:
https://www.sankei.com/affairs/news/200410/afr2004100008-n1.html