融資と審査の癒着

2020年10月27日

■融資と審査が癒着した体制

無理な融資を通さないためにも多くの金融機関は融資部と審査部の業務をわけ、審査結果など業務に対して申し出をしにくい状況にしています。

しかし、アプラスの調査報告書によると、融資部と審査部が癒着した状況になっていたと報告されています。

ハウジング事業部のC部長が、融資審査結果や物件評価額に対しオペレーションセンターの従業員へ融資額や評価額が高額になるように高圧的な言動で接していたことが従業員から報告されています。
これは一般的にいうパワハラが存在していたといえます。

そのため、相場よりも平均800~1,000万円高い物件評価額に吊り上がり、それで融資も下りるといった歪な状態が生まれました。
パワハラともいえる社内の圧力によって、正しい業務を遂行しようとした従業員が疑問を提起する機会まで失われ、顧客の安全を省みず部署の売上げしかみていなかったことが今回の不正事件に繋がったと思われます。

調査報告書で不正の大きなポイントをお伝えしましたが、まだまだ不正に関与したと思われるポイントがあります。
本来、抑止力となる金融機関がこのような不正や改ざんを助長する体制によって多くの被害者が生まれました。
日に日に、私たち同盟に対して被害の声が増えております。

この記事を読まれた方は、ぜひ調査報告書をお読みください。
そして、あなたの大事な人にこのことを伝えて下さい。あなたの知らないうちに被害にあっている可能性があります。

出典:アプラス <特別調査委員会の調査報告書受領に関するお知らせ> 2020年4月1日(水)掲載
特別調査委員会の調査報告書受領に関するお知らせ