お金がなくて弁護士にも相談できない…【法テラス】

2020年12月3日

■法テラスの制度について

法テラスとは、「日本司法支援センター」のことで、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所になります。
こちらでは法律に関する情報や弁護士、行政などの相談窓口などの情報提供業務の他に、『民事法律扶助制度』といい、経済的に余裕のない方が法的トラブルにあった時に弁護士や司法書士と無料で法律相談を受けられる制度があります。
※1つの問題につき、3回まで。法テラスと契約している弁護士・司法書士が対応。

通常であれば弁護士への相談は30分あたり5,000円~10,000円の費用がかかり、ただでさえトラブルを抱えているので弁護士への相談も大きなダメージとなります。
また法テラスでは弁護士等の費用の立替(分割支払い)の制度もあり、その後の費用についても金銭的に助かる可能性があります。
法テラスの条件に合致すれば負担も少なく済みます。

・収入や貯金額が一定額以下であること
・解決の見込みがないとはいえないこと
                 など

弁護士に相談しようにも金銭的なハードルがあり、1人で抱えどこにも相談出来ない環境が一番ご自身を追い詰めます。
自分で問い合わせしようにも今回のトラブルをどのように説明して良いかわからない…。
そういった面でもAA被害者同盟でサポートできることがあると思います。

法テラスHP
https://www.houterasu.or.jp/

個々での活動には限界があり、少しの遅れやタイミングの不一致が致命傷になりかねません。
『あの時早く連絡しとけば…。』と後悔する前に、ぜひAA被害者同盟にお問い合わせください。

AA被害者同盟へのお問い合わせはこちら
https://aa-higaisha.org/contactus/