被害者の人生を奪った詐欺師と不正融資 〜胡散臭い男と出会い全てが変わってしまった〜

2021年2月14日

被害者の人生を奪った詐欺師と不正融資 〜胡散臭い男と出会い全てが変わってしまった〜

当時あるイベントでブローカーのS氏と遭遇しました。彼は自称金融機関勤務の金持ちの雰囲気を漂わせた人でした。
 「今度飯食いに行こうよ」こんな話に乗っかり連絡先を交換したのが終わりの始まりでした。
何回か飯を食った際に「連れを呼んで来る」と言われ、来たのが不動産営業のSでした。老後の資産形成、節税といった謳い文句が私の前に並びました。当時年金に対する不安などがあったためやってみようかと思った部分がありました。

 数ヶ月後、契約に至るわけですがここで迂闊だった点は物件の直接見学や相場といった部分の確認を行っていませんでした。私の大きなミスでした。

 しかし実際不動産会社から提示された物件は築30年くらいで1300万。 しかし蓋をあけてみると半額程度の価値しかありませんでした。はじめからこの差額を引っ張るために近づいてきたことは明白です。当時はアプラスの物件評価において問題があった時期であり、一見正確な金額に見えてしまうというとんでもないカラクリが用意されていました。
 ブローカーのS氏は別のところでも出没し同じような手口で不動産会社のSに紹介を行っていたことが調べた結果判明しました。
 不当に釣り上げられた価格によって苦しんでいる被害者がいる中、こうして儲けた彼らはいい車に乗り、高い飯を食べている。このようなことがまかり通っていいのでしょうか?

必ず彼らを表舞台に引っ張り出し然るべき処罰を食らわせるべく追いかけていくつもりです。